HOME ≫ ホッパーの役割とは

ホッパーの役割とは

ホッパーの役割とは原料を一時貯蔵し、適正量を輸送することになります。原料をホッパー上部から投入し、下部から排出する構造をとります。 そのため出来るだけエネルギーを使用せずに効率よく輸送することが求められるため、形状として円錐型や四角錐が一般的普及しています。

  •  

一般的なホッパー

ホッパー本体の求められる加工

原料や種類によっては重力だけではスムーズな輸送が困難な場合があります。その際には原料を外部からの衝撃や振動、内部からの攪拌や圧力、内面研磨による摩擦低減などの工夫をすることが求められます。原料の種類によっては長期間ホッパー内に留まることが衛生面から問題になるため、原料が均等に流れていく構造にすることも考慮しなければなりません。これらの機能を果たすための主に手段として下記の3つの方法があります。

ホッパーは原料を一時貯蔵し、適正量を輸送することが役割になります。原料の性質によっては重力だけの力では輸送できないため、その時々に応じてホッパーに輸送機能を追加することが必要になります。