HOME ≫ 磨耗対策のためのライナー活用のポイント

1. 磨耗対策のためのライナー活用のポイント

ホッパー内部の磨耗は原料がよく接触する部分だけが進行します。一部が磨耗することで全体の交換が必要になってしまいます。

磨耗が進む原料と接触する部分を取替可能な設計にしておくことで、製品自体を長く使用することが可能になります。

粉粒体輸送には日常的な金属と原料の接触により磨耗が多く発生します。 磨耗が発生する箇所の部品を取替えできるようにしておくことや耐摩耗金属を使用することが製品の長寿命化を実現できます。

ホッパーの品質強化における勘どころ