HOME ≫ 補強材活用のポイント

2. 補強材活用のポイント

ブラケットからの圧力が集中する取付方法では製品本体への損傷の恐れや、それに伴うブラケットの強度をしっかりと保持することができません。

ブラケットと製品自体の間に補強材をいれることで製品への圧力が分散するため、ブラケットの強度を増すことができます。

補強材を入れる事でノッカー座からの振動やブラケット固定による継続的圧力に耐えることができます。製品重量やブラッケットとの接触面積が小さい場合などには、より補強材を入れる必要性が発生します。

ホッパーの品質強化における勘どころ