HOME ≫ 原料と内面の摩擦防止のポイント

4. 原料と内面の摩擦防止のポイント

シリカなどの硬い原料や角が立った原料はホッパー内面を磨耗させるため、タンク内面に穴が空いてしまう場合があります。

ホッパー内面にアングル等を取り付けることで内面に接している原料が固定され、摩擦を発生させずに穴が空くこと防止します。

ホッパー内面にアングルをつけることで、原料との摩擦を軽減することができます。原料に衛生面に問題がない場合に限られますが、アングル等を取り付けるとホッパーに穴が空くことを防止することができ、期待できる効果があります。

ホッパーの品質強化における勘どころ