HOME ≫ 油・水分を含んだ原料のブリッジ防止のポイント

5. 油・水分を含んだ原料のブリッジ防止のポイント

水分や油分を含む原料の排出ではブリッジが度々発生してスムーズに原料を排出することが出来ない場合があります。

ブリッジ防止対策として振動や圧縮空気注入などが行われるが、最も有効な対策としてシリンダーでホッパー内部の板を前後に動かす方法があります。

ブリッジ減少を防止する方法は数多くありますが、水分や油分を含む原料の搬送の場合では、シリンダーを利用してホッパー内部で板などを動かすことでブリッジを防止することができます。

ホッパーの品質強化における勘どころ